PAGE TOP

ある日の吹田

EF66ニーナが広島で全検入場するとの噂を耳にしました。これが本当であればいよいよ復活なのでしょうか?
今は旅客を追いかけていますが、以前は貨物鉄、いや正確には機関車鉄でした。

回想ネタですが「EF66-27」を中心に、貨物の聖地「吹田」のある一日の記録を綴ります。

DSC_0016-3_201504240127228e2.jpg
今でもこんな光景はあるのでしょうか…


[ 2015/04/24 01:49 ] その他 | TB(-) | CM(0)

惜別 II

2015年3月、激震のダイヤ改正でしたが、トワイライトをはじめとする優等列車の陰に隠れ、北の大地で終焉を迎えた車両がいます。そう、北海道の711系です。記憶の彼方に埋もれさすことのないよう、今日はその雄姿をアップします。昨年暮れの記録です。

DSC_0089_20150330013236bef.jpg

CSC_0137_20150330013232b87.jpg

DSC_0107_2015033001363100b.jpg

せっかくの711系ですから、北海道らしい雄大な風景の中で撮りたいと考えていましたが、大雪のせいですべて駅撮りを余儀なくされました。
訪れた駅にはかわいらしいイリュミレーションが…
DSC_0167_201503300133184a1.jpg

返しの711系、S108編成。凍てつく鉄路には幽玄な光が踊っていました。
DSC_0163-2.jpg


おまけです。
まずは北海道貨物のエース。
CSC_0234.jpg
JR北海道にはいろいろあったようですが、この車両をみるとさすが凄いなと思いました…

キハ183系。雪の中をものともせずに駆け抜けてゆきます。
CSC_0080.jpg

DSC_0082.jpg
吹雪をまき起こしながら猛スピードで走り去ります。ホームで待つ人がどれだけ雪をかぶるか、そんなことは考えていません。北海道は本当に凄い!

国鉄時代から生き残るスラントノーズ。この車両もひょっとしてすでに絶滅危惧種なのだろうか。
CSC_0230-2.jpg
[ 2015/03/30 02:01 ] その他 | TB(-) | CM(0)

惜別

トワイライトエクスプレスのラストランまであと6日。とうとうカウントダウンが始まってしまいました。これまでその雄姿をあり余るほど記録してきましたが、最後にいま一度、その姿を深く心に刻んでおきたいと思いました。

自分の鉄歴の原点、山崎に向かいます。ここに来ると、EF58がふつうに走っていた時代を思い出します。81ローピンや、当時の花形だった66フレートライナーもここで出会いました。その同じ鉄路をまた別の機関車が走り抜ける。一コマ一コマが大切な記録です。
DSC_0314.jpg

山崎では思わぬ珍客にも出会えます。空チキ牽引のDDです。
DSC_0320.jpg
DSC_0327.jpg


そして定時でやってた来たトワイ。言葉になりません。
DSC_0336.jpg
DSC_0343-2.jpg

[ 2015/03/07 00:44 ] その他 | TB(-) | CM(0)