PAGE TOP

蛍を求めて

6月の里山の風物詩といえば、断然、蛍かと思います。
でも、出会うのは至難の技です。
蛍を求めてあてのない旅を続けています…


綿密なリサーチをした上で、日が暮れるのを待ち、ある場所を訪れてみましたが… 
見事に空振りでした。
DSC_3096.jpg
何年か前までは、確かにここにもいたようです。
381と蛍のコラボ、そんな画を残すことができたら本当に素敵だったんですが…


他に手がありませんので、前回と同じ場所で撮った画をアップしておきます。ゲンジボタルです。
DSC_0059-2_20150612002952d86.jpg
気温・湿度が高かったからでしょうか、前回よりも蛍の数も増え、長時間にわたって飛んでいました。

ヘイケボタルやヒメボタルと違い、ゲンジボタルは生息できる環境や条件のハードルが高く、
年々減少しているようです。
なんとなく、381がいま直面している状況と重なるような気がします…

スポンサーサイト
[ 2015/06/11 22:18 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する