PAGE TOP

ラストラン

ダイヤ改正前日の3月13日、日本の様々な線区でラストランが行われる。これほど多くの車両が一挙に姿を消すドラスティックな改正も近年なかったような気がします。しかし、北陸信越方面は大寒波の影響で全面的なチェーン規制。どこまで辿りつけるかわかりませんが、とりあえずは北を目指して出発。スタッドレスの装備などない関西鉄、大雪にははなはだ弱い…

何とか前夜に金沢まで到達。倶利伽羅~津幡間で上り最終のトワイライトに別れを告げます。
DSC_0008-2.jpg

画面右手、地元の家族連れの方でしょうか。手を振って見送られています。
CSC_0015-2.jpg


さて、この後どうするか…? 特急色の「北越」を期待していましたが、今日はあいにくすべてR編成の模様。ならばやはり山線だろう!幸いにもチェーン規制は解除、再び雪となれば帰って来れない恐れもありましたが、思い切って北陸道を突き進みます。目指すは中郷IC。

前回、最後のAdieuを交わしたつもりでしたが、後ろ髪を引かれに引かれ、3月3度目の訪問です。「ありがとうご信越線」の時とはうって変わって人手の少ない片貝、静謐とした爽やかな風が流れていました。
DSC_0059-2.jpg
「妙高号」ラストランは予想通りN101。山頂は雲の中ですが、すべてが美しい…


湘南色6連。先日のスカ色といい、山線の最後は奇跡に包まれていました。
DSC_0095-6.jpg
DSC_0099-2.jpg

「妙高6号」。これで本当に最後のお別れです。ありがとう…
DSC_0122-5.jpg


帰路を急ぐ道すがらで出会った「北越」、そして「はくたか」。今日はすべてがラストラン。長い間、本当にお疲れさまでした。
CSC_0996.jpg
CSC_0997.jpg

3回にわたった信越への惜別の旅。その余韻を胸に秘めながら、明日からまた山陰ウォッチングに戻ります。






スポンサーサイト
[ 2015/03/14 16:23 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する