PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

稔りの季節

線路際で列車を待っていると、玉虫に出会いました。
少年の頃から憧れだった虫です。



CSC_4103.jpg




沿線では、稲穂が頭を垂れる季節となりました。
地元の農家の方のお話では、もうそろそろ刈入れでお忙しくなるとのこと。
一部の田圃ではすでに始まっているようです。



CSC_4024-34.jpg
和知~安栖里










DSC_4062-44.jpg
安栖里~立木


道端の木々の中には、すでに紅葉しているものもありました。
夏と秋が交錯する時期にさしかかったようです…



スポンサーサイト
[ 2015/08/31 01:16 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

線路脇の夏

早くも秋雨前線が到来、しばらく晴天は望めそうにありません。
なんとなく季節の移ろいを感じる今日この頃、夏の想い出を少しばかり。



DSC_3682-21.jpg
鍼灸大学前~胡麻

線路脇にたくましく生きる雑草たち。

なかでも、胡麻駅手間の「ねこじゃらし」は、個人的に気に入っています。

列車の通過にエールを送っているような、その姿がかわいらしいです…










DSC_3687-23.jpg

線路脇といえば、胡麻のひまわり。
プレスリリース以来、連日多くの人が訪れたようです。

去りゆく夏、そして去りゆく381。

あの「ねこじゃらし」のように、最期までエールを送ります…



DSC_3649-21.jpg








[ 2015/08/30 00:37 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

群青いろ

相変わらずの空シリーズです。

日没後の群青色の風景には、381ではなく、なぜか8000系がよく合います。


そんないいものではありませんが、京丹波の銀河鉄道といった風情でしょうか…

IMGP5920.jpg
和知~安栖里



KTRはしだて。
DSC_3957-21.jpg

縁起でもありませんが、381がいなくなったら、何を糧にして生きてゆけばよいか…
答えはまだしっかりと出ていませんが、8000系も有力候補かも知れません…



[ 2015/08/28 01:28 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

夏の記憶 II

381にとっては、二度と巡ってくることのない夏。

夏といえば花火。
381最後の夏の記憶の断片として、ぜひとも花火とのコラボを撮りたいと思っていました。

しかし、失敗に次ぐ大失敗… しばしの間、夜からの出撃が空しく続きました…
そしてようやく撮れた一枚。


IMGP5615-22.jpg
車のヘッドライトは映り込むし、花火も想定外の小ぶりですが、ひとつの記録として大切にしたいと思います。






走りゆく223と花火です。
DSC_3460.jpg

夏もそろそろ終わるのでしょうか。
できれば、時間が止まり、この夏が永遠に続いてほしいところです…


[ 2015/08/27 01:48 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

安栖里の空 II

昨日の続編です。

6時便の381。
夕焼けを期待しましたが、この日はなぜか青空のまま暮れてしまいました…


CSC_3929_20150826163653065.jpg

和知~安栖里

寸分の狂いもなく定時でやって来た381。安栖里を快調に駆け抜けてゆきました。

2カ月後、この情景を289系で撮っているのでしょうか。今はまだ何とも言えません…







[ 2015/08/26 01:38 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

安栖里の空 I

今日の安栖里の空は綺麗でした。
午後遅くになって、「彩雲」もしくは「幻日」が出現しました。


DSC_3846.jpg 

DSC_3889.jpg

太陽を中心として、左右両側にに七色の光が浮かび上がります。
おそらくは「幻日」と思われます。






IMGP5795-21_20150825014138cc5.jpg

天界の妙と287。
幻日や彩雲は一瞬にして消え去るものですが、不思議にも今日はずっと輝き続けていました…




[ 2015/08/25 01:54 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

ついに…

昨日、ついに381の余命宣告がありました。
残る時間は2ヶ月と少し… 覚悟はしていましたが、やはりショックです。
「雪の降る頃までは」と儚い望みを抱いていましたが、現実は厳しい…


久しぶりに沿線に出てみると、いつになく多くの撮影者さんの姿が。驚きました。
大好きな381。夏の想い出のヒトコマです… 悲しい~


DSC_3530-21.jpg










DSC_3568-21.jpg

夏の日差しを受けてそろそろ実りの季節を迎えるとき。
自然の恵みと人の営みをじっと見守ってきた381。
いつもの場所に、彼が生きていた証しを残したいと思います…



[ 2015/08/24 01:34 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

稲穂とコスモス

日中の気温も下がり、過ごしやすくなりました。
早くも夏の終わりでしょうか… 油断大敵、きっとまた暑い日が戻って来るのでしょう。


田圃では、すでに稲穂が頭を垂れ、コスモスも咲き始めていました。
IMGP5309-22.jpg
上夜久野~梁瀬


朝来の花火大会に向かう道すがらで撮ったものです。
コスモスのピンクと、稲穂の薄緑のコラボがきれいでした。





せっかく福知山以北まで来たので、113系も…
IMGP5285-21.jpg

コスモスの花弁のせいで、ちょっと可愛らしい画になってしまいました…

この辺りの線区でも、最近は223系が目立つようになったようです。
抹茶色や青虫と揶揄された113系ですが、個人的には大好きです。
381とともに、ぜひとも記録しておきたい車両です。


[ 2015/08/21 01:26 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

夏の記憶

盛夏の記憶の断片です。
8月14日、山家駅前ではお盆の祭りが開かれていました。


町内会主催の、ほんとうに小さな小さなお祭りです。
集落のご老人や子供たちが集まり、楽しいひと時を過ごしておられました。
何ともつつましやかな祭りの灯りが心に沁みました…

DSC_3091-21.jpg
山家


祭りの脇をさりげなく通り過ぎる381です。
車窓にも、きっとほのぼのとした祭りの情景が映っていることでしょう…




そして、祭りの締めくくりはやはりは花火です。
IMGP5012-21.jpg

町内会ですから、花火といってもこれが精一杯。
でも、子供たちからは可愛らしい歓声があがっていました…

ささやかですが、丹波路らしい一コマです。




[ 2015/08/20 03:19 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

381の輝き

夕刻には秋の虫の声も聞こえるようになった今日この頃。
太陽光線も心なしか、その衰えを感じるようになりました。

季節はそろそろ秋の気配。
置き換えのリアリティはまだ感じませんが、心の準備はしておくべきかと。
381最後の輝きを記録しておきたいと思い、いつもの場所へ。



IMGP4035-23.jpg
和知~安栖里

ジオラマのような安栖里集落をゆく381。
列車の足音が山々に木霊します…




IMGP4050-24.jpg
安栖里

西日を受け、閃光を放つ381。
ほんの一瞬の出来事ですが、全身が黄金色に染まります。
381の命の輝きでしょうか… 彼が確かにこの場所に生きていたという証しを残してくれたように感じます。



IMGP4071-21.jpg

残照を受けて走る381。
最期の最期の日まで、しっかり見守る決意をあらたにしました。





[ 2015/08/19 01:18 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)