PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪降る里

今日はあいにくの雪…しかし、山陰鉄にとってむしろそれは好条件。さっそく現場へ急行。


DSC_0590.jpg
降りしきる雪の中を日本海を目指して突き進む「きのさき」。

DSC_0698-2.jpg
DSC_0703.jpg
分厚い雪雲のもとで風景もまるでジオラマのように。

この世のものとは思えないブルーグレーの世界。それでも381はものともせず、ひたすら終着地を目指して走ります。
DSC_0671-2.jpg

スポンサーサイト
[ 2015/01/28 01:35 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

丹波から丹後へ

愛してやまない丹波の381。でも今日は少し浮気をしてしまいました。いつもの橋で撮った後、よく考えると休日の今日は381の運用が半減する日。どうしようかと迷うまでもなく、転線すべくKTRへ。

とりあえずは、定番の「きのさき」です。
丹波から①


この後、車を走らせ丹後へ。高速が通行止めのため、一般道を大きく迂回して由良川河口へ。
丹波から②
海からの波が押し寄せる中、釣りをされている方がおられました。

橋梁といえば「高ければ高い方が良い」と思ってしまいますが、由良川にかかる橋梁は、逆にその「限りない低さ」で見る者を圧倒します。山陰線とは対称的な魅力があります。浮気するのも仕方がありません…
丹波から③
丹波から④
丹波から⑤
以前のKTRとは一転、いまは車両のカラーヴァリエーションも豊かになりました。次は何色が来るのか、期待に胸を膨らませながらの撮影となりました。

おまけです。夕暮れ時のKTR。どんな世界がカーブの向こう側に広がっているのか…夢想を誘う幻想的な風景です。
DSC_0551.jpg
DSC_0559.jpg





 

[ 2015/01/24 03:06 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

琵琶湖のトワイ

紀勢線に続き、湖西を走るトワイライトの記憶をアップしておきます。
いずれも昨年夏の一コマ。この撮影地は真横からの俯瞰なので10両をおさめるのはキツイ…まずは8002レ。

CSC_0963-2.jpg
DSC_0959-2.jpg
DSC_0954-5.jpg

ここで運良くC10湘南色。
CSC_0986-6.jpg

続いて下りトワイ。空と水、水田の緑が綺麗な風景でした。
DSC_1040-2.jpg
CSC_1063.jpg


[ 2015/01/23 00:16 ] 湖西線 | TB(-) | CM(0)

川つながり

丹波をゆく山陰線はいくつもの川とともに、ひたすら西を目指します。桂川、高屋川、由良川、円山川・・・。その中でも今日は由良河畔の風景をアップします。鉄旅の途上、お昼を取るためにいつも立ち寄る場所となっています。
川つな①
この風景を見るたびに、日本人に生まれて良かったとつい思ってしまいます。

川つな②
由良川を渡る287系。この景色にはどんな列車も似合います。

川つな③
意外と列車のヴァリエーションが豊かな山陰線。KTR車両も由良川を渡ってゆきます。


DSC_0490-2.jpg
DSC_0499.jpg

[ 2015/01/20 02:46 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

冬の丹波路

冬の丹波路は曇天がつきもの。靄や霧の中で風景はかすみ、陽の光も刻々と変化します。スカッと晴れてほしいと願う一方で、「曇天だからこそいい、それでこそ丹波路」という思いも頭をよぎります。

ということで、今日はこの橋梁からスタート。
丹波路①
なんとなくモヤっとした空気の中に橋が浮かび上がります。京都府を走る山陰線はいずれも標高が高く、200mを越えることも。そのため実に起伏に富んだ景色を見せてくれます。

画面右手にある杉林にからめて381を捉えます。
丹波路②
京都を出てまだ30分。元気よく橋を一気に渡ってゆきます。
丹波路③


いくたの橋、トンネルやカーブを経て、やがて安栖里集落にさしかかる381。しばし平坦な道を進みます。
丹波路④
丹波路⑤
背後には幾重にも連なる山の稜線。なぜかホッとする風景です。

丹波路⑥
後ろでひっそりとアクセントを利かす杉林。山陰線にはどこまでも尽きせぬ魅力があふれています。
[ 2015/01/20 01:45 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

紀勢トワイ回想

トワイライトエクスプレスが3月12日にラストトランを迎えますが、それにともない団臨トワイも廃止となるのでしょうか。今日は紀勢本線をかつて駆け抜けたDD重連トワイの雄姿をアップします。

ますは紀勢エースの381系。
CSC_0109.jpg

オーシャンアローとくろしおの離合シーン。
DSC_0148.jpg

同じアングルで紀勢トワイ。
CSC_0172.jpg

12月に撮った日置川橋梁でのトワイ。
CSC_0110.jpg

山陰線同様、撮影ポイントに恵まれた紀勢本線。多様な姿を残し切れなかった自分の怠惰をただ悔やむばかり。
DSC_0093.jpg

[ 2015/01/15 01:52 ] 紀勢381系 | TB(-) | CM(0)

北も気になるこの頃です

北陸新幹線開業間近、何か月かぶりに訪れた倶利伽羅です。今日は黙して撮影あるのみ。

DSC_0015-2.jpg
CSC_0071.jpg

大ネタなくとも、普段着の北陸が美しい。
DSC_0037.jpg
DSC_0049.jpg
DSC_0067.jpg
[ 2015/01/13 22:15 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)

2015年初撮り

2015年の初撮り。待ちに待った雪、さっそくいつもの場所へ。

北久保①
夕日を浴びる橋梁に、雪煙が舞い上がっています。


そして、やって来た「はしだて7号」。
北久保②
北久保③


陽が傾き、ますます撮影しづらい状況に。そこにやって来たのは「はしだて6号」。
北久保④
絵はぼんやりとしていますが、これが限界。

新年最初の鉄分補給。今年は381系にとって受難の年となりそうです。これまで当たり前だった風景の一コマ一コマが貴重な出会いの記録となるかも知れません。彼らの雄姿をどこまでも見守りたいと思います。




[ 2015/01/04 23:35 ] 山陰本線 | TB(-) | CM(0)