PAGE TOP

2016年 撮り納め遠征 I

2016年も最終日となりました。

訪問者の皆さま、この1年大変お世話になりました。ありがとうございます。

年末遠征の記録をアップします。




まず向かったのは旧北陸線。

IMGP9435.jpg
糸魚川快速に入る「485系3000番台・R編成」。

噂では、来年3月にこの運用もなくなるとのこと。




















IMGP9456.jpg

北陸新幹線開業の嵐の中、何とか生き残った3000番台。

でも、これで見納めになるやもしれません...




スポンサーサイト
[ 2016/12/31 19:11 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

189系の旅 II

続編です。

あさま色とともに、期待したのは臨時あずさです。

今回は、「あずさ77号」に国鉄色のM51が充当されました。

できれば駒ケ岳バックで撮りたかったのですが、曇天のため姿が見えませんでした…

仕方なく、適当なところでまずは1枚…


DSC_9387.jpg






















IMGP2175.jpg

そして、八ヶ岳バックの定番撮影地でもう1枚。

残雪はもうなかったですが、辛うじてその威容はとらえることができました…


















そして、そして、最後に「スーパーあずさ」。

新型車の投入も間近ということで、この車両もそろそろ見納めでしょうか…

DSC_9200.jpg

久しぶりの信州遠征、たっぷり楽しむことができました。

豊田の3編成。いつまで存続するのかはなはだ心配ですが、次回も会えることを楽しみにしています…


[ 2016/05/09 01:12 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

189系の旅

今回の信州遠征、一番のお目当ては189系長野車です。

信越山線の廃止をかいくぐり、何とか生き残ったN102。

1年2ヶ月ぶりで、その雄姿を再び見ることができました。

往復800キロのドライブ旅。でも、その甲斐がありました。


DSC_9158_20160507005549b40.jpg
筑北にて



















IMGP1862_20160507004755110.jpg
早朝の安曇野にて

北アルプスの峰々が美しく輝いていました。

こんな情景を定期的に見ることのできる信州の方々が羨ましい…

















IMGP1801.jpg

こちらも北アルプス。

好天にも恵まれ、爽やかな時間を過ごしました。

春の信州、十分な鉄分補給をすることができました。


[ 2016/05/07 00:52 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

再会

豊田の189系が動くということで、この連休は信州で過ごしました。

その道すがら、思い入れのある旧信越山線を訪れました。

某ブログの素晴らしい画像に刺激を受け、かつては足繁く通った地です。

山線の3セク化以降、どうしても足が向かなかったのですが、思い切って訪問してみました。


IMGP2219 (2)

ここは自分にとっての聖地、妙高山麓の雄大な風景は健在でした。

が、あいにくこの日は超強風に見舞われ、ダイヤも乱れに乱れ、1枚撮るのがやっとでした…



















DSC_0830.jpg

かつてここは、189系あさま色の牙城でした。

今はE127系が走っていますが、この車両も十分ありかと…

今後、また訪れてみたいと思いました…


[ 2016/05/05 01:33 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(2)

甲信エクスプレス

甲信エクスプレス。北陸新幹線開業にともない新たに導入された列車です。
新幹線の副産物とはいえ、189系活躍の場がひとつ増えたことになります。
うれしい限りです。


DSC_0710-2.jpg
すずらんの里~青柳


運用は多客期限定。早朝に下り1本、夕刻に上り1本。
西の者にとっては少しばかりハードルが高いかも知れません。


信州遠征の最後に、夕方便を撮りました。
IMGP2865-2.jpg
聖高原~冠着

暗闇に浮かび上がるM52。夜の帳に旅情を運ぶ、なかなかロマンチックな列車です...


[ 2015/07/30 00:49 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

茜色を求めて…

夕暮れの信州路。
これまで何度も訪れていながら、一度も撮ったことがありませんでした。
「今回こそは」と心に決めました。もはや、翌日に仕事が入っていようと、今日中に帰れなさそうだろうと関係ありません。



茜色をきれいに映し出せる場所を求め、あちこちへと奔走...
そして、辿りついたのは筑北界隈。
DSC_0990_20150729011058a58.jpg
すでにいい感じで夕暮れています。



この後、うまくいけば順光側に茜色が出現するはずです... 

はかない色ゆえ、たとえ出現しても5~10分で消え去ります。
果たしてその間に列車が来てくれるかどうか...




IMGP2851.jpg

聖高原~冠着
茜色と田圃の緑のコントラストがきれいです...

こんな風景を目にすると、地球の住民で本当に良かったとつくづく思います。
ニコンでは出せなかった色調、ペンタックス恐るべしです。


[ 2015/07/29 01:40 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

信州病

信州病、時おり見舞われる発作のようなものです...

山陰トワイを諦めてこちらに来た以上、とにかく撮れるものは撮る。
それにしても列車のネタが多すぎて、移動が大変でした...


DSC_0726.jpg
すずらんの里~青柳
お気に入りのM50による「あずさ」。昨年5月に撮り損ねていたものです。
ようやくリベンジができました。


IMGP2407.jpg
同じ場所からN102です。
前夜、新宿に戻って運用入り。ひと仕事終えて再び新宿に戻ってゆきます。働き者です。


IMGP2554.jpg
辰野~信濃川島
「115系天竜号」の回送です。標高が高く太陽に近いせいでしょうか、田圃の緑もひときわ輝いています。



DSC_0869.jpg
坂北~聖高原
「特急しなの号」、懐かしい響きです。「しなの」といえば381。
そう、ここは丹波381発祥の地です。聖地巡礼の旅ともいえるでしょうか...
それにしても振り子の技術も進化したものです。山陰線とは比較にならない高速で駆け抜けてゆきました。


信州に来ると、どうも行儀のよい画像ばかりを量産してしまいます。
でも、仕方ありません。この土地に対する敬愛の念以外の何物でもありません...



[ 2015/07/28 01:59 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

ニシエヒガシエ

この週末、多くの方が山陰トワイの撮影へ行かれたのではないでしょうか。わたくしも初めはそのつもりでした。

が、「臨時あずさ」に大好きなM50、115系による諏訪号と天竜号、さらにM52の甲信エクスプレス、N102のML信州等々...
西へ行くべきか東に向かうべきか、大いに迷いました。
西と東で心は分裂したまま。結局最後はいつもの信州病により、東を選択してしまいました...

山陰トワイは第2弾以降にチャレンジしたいと思います。


塩尻界隈の夕暮れの風景です。田圃の中の水路がキラキラ光っています。
DSC_0630.jpg



CSC_1049_20150727004010bcb.jpg
みどり湖~塩尻
目的地に向けて微塵のためらいもなく直進する列車。でも、心の中はいまだ西への思いが残ったままです...



DSC_0637-4.jpg
塩尻駅に滑り込んでゆく「スーパーあずさ」。夕日を浴びて全身金色に輝いています。
背後の北アルプスの上では、雲が時々刻々とうごめいていました。





IMGP2254-2.jpg
長野から新宿へ回送する「ムーンライト信州」。久々の長野あさま色との再会です。


IMGP2262.jpg
元気な姿を見れてひとまずは安心しました。
普段西にいると気づきませんが、N102も「ASAMAロゴ」をひっさげて存分に活躍しているようです。

[ 2015/07/27 01:14 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

追憶 ~その2

過去帳(?)を整理していて出てきた1枚です。
個人的には気に入っている1枚ですが、なぜかアップし損ねていたものです。


CSC_0365.jpg
関山~二本木
過去帳なんて不吉な表現を使ってしまいましたが、N9編成はもちろん今も健在です。
この25日にもイベントがあるそうです。
ただ、二度とこの線区を走ることはありません...


残念ながら、過去帳に綴られてしまったN101。
CSC_0366-2.jpg
あんなに愛していたのに... 
いつも見送るばかりで、結局この車両に乗ることはできませんでした...



[ 2015/07/10 01:14 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)

追憶 189系

過去ネタを少し。
昨年の今頃の画像です。


旧信越線、片貝の水田です。
山陰線・広野とともに、大切な楽園でした...
DSC_0833.jpg
関山~二本木


同じ場所で。一昨年の今頃の画像です。
DSC_0128.jpg
背後には妙高山が聳えています。


上りの列車です。
DSC_0859.jpg
山麓に響く、妙高号の「カタコト」という音が今でも聞こえるようです…



[ 2015/07/09 00:31 ] 北陸信越 | TB(-) | CM(0)